debパッケージの依存関係を一気に解決する方法

スポンサーリンク

概要

DebianやUbuntuなどのLinuxディストリビューションでは、apt系のパッケージ管理システムを使ってパッケージの管理をしていると思います。

しかし、中には欲しいパッケージのリポジトリがなく、apt-get install パッケージ名のようにしてパッケージをインストールできないという事もあり、代わりにdebパッケージからインストールするという事があるかもしれません。

私は実際にありました。

ただ、deb -i ***.debと実行したら、依存するパッケージがインストールされておらず、エラーを見ながらひとつずつ依存するパッケージをインストールするという事があり、こうなると非常にインストールが面倒です。

そこで、debパッケージの依存関係を一気に解決してからパッケージのインストールしてくれるものがあるのでそれを紹介します。

環境

  • Ubuntu

方法

debパッケージの依存関係を一気に解決してくれるのは、gdebiというパッケージです。

gdebiを使ってdebパッケージをインストールすると、インストール時に自動で依存関係を解決してインストールしてくれます。なので、依存関係をあまり気にせずにインストールできるのです。

gdebiは、デフォルトではインストールされていないので、次のコマンドでインストールしましょう。

sudo apt-get install gdebi

gdebiのインストールが終わったら、次のようにしてdebパッケージをインストールします。

gdebi ****.deb

debコマンドとは違い、-iはいらないです。

これだけで依存するパッケージを自動でインストールしながら、パッケージのインストールをしてくれます。

まとめ

私の場合、ChromeのdebパッケージをUbuntuにインストールしようとしたのですがdeb -i ***.debのようにしてインストールしようとしたら、依存関係の解決に非常に苦しんだのですが、gdebiを使えば簡単にインストールできました。

皆さんも是非使って見てください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする