Kubernetesをインストールする方法についてまとめた

スポンサーリンク

概要

現在、サーバ環境にKubernetesを使っています。

しかし、Kubernetesを使い始めるまでにはインストールがうまくいかないなど、色々な紆余曲折がありました。

ここでは、Kubernetesを使い始めるための方法をいくつか紹介します。

クラウドサービス

AWSやGCPやAzureなどのクラウドサービスでは、ブラウザ上でボタンをポチポチ押しているだけで簡単にKubernetesの環境を作ることができ、すぐに使い始めることができます。

デメリットとして、Kubernetesは仮想マシンを使って作られているため、VPSなどよりも仮想マシンの利用料金が高いクラウドサービスでは利用料が高くなりやすいです。

メリットとしては、Kubernetesの更新も楽にでき、ハマるポイントが少ないです。

お金がかかってもいいから、すぐに使い始めたいという場合はいいと思います。

手動インストール

面倒ではありますが、Kubernetes環境を手動でサーバにインストールする方法もあります。

デメリットとして、素人にはインストールが難しくハマりやすいです。

メリットとして、非常に柔軟性が高いです。

ある程度サーバに対する理解があり、柔軟な構成にしたい場合にやるといいと思います。

kubeadm

手動でインストールするのが面倒な場合には、それを補助するものとして、kubeadmというものがあります。

kubeadmは、Kubernetesの公式としてリリースされていますが、この記事の執筆時点ではBeta版であるため、本番環境では動作させないほうがいいです。2018年の間に正式リリースをする予定となっています。

使い方は、Kubernetes環境を構築したいサーバにkubeadmをインストールして、コマンドを実行するようになっており、真面目にいちからインストールよりは簡単にインストールできるようになっています。

デメリットとして、まだBeta版であるため、本番環境での利用には適さないということと、一部のKubernetesの機能を使うことができません。

メリットとして、比較的簡単にインストールできるので、クラウドサービスを使わずにいちからKubernetesを構築しなければならないようなときに楽をできます。

手動でインストールするよりはこちらの方がおすすめです。

RancherOS

RancherOSという、Dockerコンテナのオーケストラレーション環境を構築するOSを使う方法があります。

昔は、OSをインストールして使わなければならなかったのですが、今ではDockerイメージとして公開されており、それをRancherOSを動かしたいサーバ上で、イメージを元にコンテナを作って実行します。

RancherOSでは、デフォルトでCattleというオーケストラレーションツールが使われているのですが、他にもKubernetesなどを使うことができるので、ここではKubernetesを使うための方法として紹介しています。

デメリットとして、Kuberentesのnode用のサーバの他にRacherOSを動かすためのサーバを用意する必要があります。

メリットとして、Kubernetesのnodeを作る方法としてkubeadmと同じようにコマンドを実行するのですが、RancherOSの場合Docker環境のみをインストールすればすぐに使い始めることができるのでkubeadmよりもインストールがしやすいです。さらに、複数のKubernetes環境を構築、管理できます。

複数のKubernetes環境を作ることができるということと、インストールが簡単で使い始めやすいことで、現在私もRancherOSを使用しています。クラウドサービスを使わないのであれば1番のおすすめです。

まとめ

お金に余裕があるのであれば、クラウドサービスを使ってKubernetesを使った方が一番簡単でハマりにくいと思います。

しかし、お金をあまりかけたくない場合など、VPSなどを使ってKubernetes環境を作りたいという場合があります。

その場合には、Kubernetes環境を自分で作る必要があり面倒なので、kubeadmやRancherOSのようなものを使ってKubernetes環境を作ってみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする